すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< mihimaru GT『mihimagic』 | main | 二階堂和美『二階堂和美のアルバム』 >>
ブラック・ダリア / The Black Dahlia

75点/100点満点中

ブライアン・デ・パルマ監督の2006年公開映画。
ジェームズ・エルロイの同名小説の映画化。

****************************
女優の卵が胴体を真っ二つに切断された惨殺死体で発見されるという、
1940年代にロサンゼルスで実際に起こった猟奇殺人事件を、
ふたりの刑事が捜査にあたる。
****************************

デ・パルマ監督作品なので、かなり不安を覚えながら見たけれど、
とても映画らしい映画だった。
カメラワークも明暗もすべてきっちりしていて、
安心して見られた。

ジョシュ・ハートネットとスカーレット・ヨハンソン主演で、
ジョシュの相棒の刑事にアーロン・エッカート。
『ミリオン・ダラー・ベイビー』のヒラリー・スワンクが富豪の娘役で出ているが、
あの時の女性ボクサー役の人とは気づかないほど化けていた。

映画らしい映画だったけれど、物語の展開が妙だった。
これはいらないだろうというシーンが多々あったり、
1940年代を舞台にしているということで、
現代の公序良俗感と微妙に違う辺りに引っかかったり、
どうしてそういう思考になるんだろうという場面が多かった。

ブラック・ダリア事件を捜査するふたりの刑事についての
映画だと思っていたが、
最後の最後、怒濤の勢いで解決へ向かう。
少し都合が良すぎるのではと感じた。

レズビアン・バーで歌う歌手役で、K.D.ラングがカメオ出演。
よく出たね。


************************************
<ブライアン・デ・パルマ監督作品>
1968年 ロバート・デ・ニーロのブルーマンハッタン/BLUE MANHATTAN・黄昏のニューヨーク
1969年 御婚礼/ザ・ウェディング・パーティー
1970年 ロバート・デ・ニーロのブルーマンハッタン/BLUE MANHATTAN・哀愁の摩天楼
1973年 悪魔のシスター
1974年 ファントム・オブ・パラダイス
1976年 キャリー
1976年 愛のメモリー
1978年 フューリー
1979年 悪夢のファミリー
1980年 殺しのドレス
1981年 ミッドナイトクロス
1983年 スカーフェイス
1984年 ボディ・ダブル
1987年 アンタッチャブル
1989年 カジュアリティーズ
1990年 虚栄のかがり火
1992年 レイジング・ケイン
1993年 カリートの道
1996年 ミッション:インポッシブル
1998年 スネーク・アイズ
2000年 ミッション・トゥ・マーズ
2002年 ファム・ファタール
2006年 ブラック・ダリア
************************************
2006.10.22 Sunday 00:00 | 映画 | comments(0) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
2019.08.20 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/676
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2006.11.06 Mon 08:58
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2006.11.30 Thu 23:17
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中