すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< 二階堂和美『二階堂和美のアルバム』 | main | 曽我部恵一『東京コンサート』 >>
Da.Me.Records『月刊ラップ 第3号』

2006年10月21日リリースの『月刊ラップ』第3弾。

全14曲:50分39秒
M1.TARO SOUL「CAN YOU FEEL ME?」
M2.環ROY「頭るるる換気」
M3.DARTHREIDER feat.丑三時宗 & TARO SOUL「みんなが笑ってる」
M4.大和民族「住所」
M5.真田人 feat.ポチョムキン「手乗りウンチョ放り投げ運動」
M6.EI-ONE & はなび「墨田音頭」
M7.DEEP SAWER「屈曲」
M8.KEN THE 390「LOVE REMIX」
M9.神門「ノルマ地獄 pt.2」
M10.はなび「錦糸町REMIX」
M11.FULL MEMBER「FLOW ON」
M12.ガスケン「TATSU」
M13.チャカパーン「Re:lationship」
M14.TARO SOUL & KEN THE 390「GRAND CLOSING REMIX」

良かったのは、M5のポチョムキンのヴァース、M10、M12、M13。
それと最後の曲、TARO SOUL & KEN THE 390は本当に良かった。
トラックもかっこいいし、それに軽々と乗る2人はいいね。
ソロで聴くと何とも思わないけれど、2人でやると1+1が2以上のものになっている。
アルバムは買おうかな。

M5は真田人とポチョムキンの曲だけど、ポチョムキンがすごい。
フックはつまらないけれど、このポチョムキンのフロウにはほれぼれとする。
M7のDJ KAZZ-Kのトラックがいい。特にベース(?)が重たく出ていて気持ちいい。
ファーストヴァースで、"うる覚え"とあるけれど、"うろ覚え"でしょ。
ラッパーなら正しい日本語を使おう。

「月刊FRESH!!!」コーナーのM9。
インタビュー・コーナーでは19歳とあるから、まだまだなんだろうけれど、
フロウが不安定。悪くはないけれど、最後までテンションが保てない感じがある。
うまいKEN THE 390の後だから、余計に感じてしまうのかもしれないけれど。
次第に念仏に聞こえてくる。
あと、ただの愚痴でしかないし、露悪趣味のリリックはあまり面白くない。

FULL MEMBERは初めて聴くが、うまい。
しかし、英語混じりのリリックはどうにかならないのかな。
すごく違和感がある。

第2号でかっこいいフロウを決めてくれたチャカパーン。
前号ほどではなかったけれど、まあ、悪くはなかった。

M4は音数を極端に少なくしたトラックで面白い試みだけど、成功したとは言い難い。

M2の環ROYの曲で、"鍵掛けて、ちゃんとよお、三国人対策しておけ"というリリックがある。
極端な言葉狩りは否定するが、明らかに言われる側が嫌がる言葉を敢えて使う意味が
このつまらない曲にあるのか分からない。

トータルでは、強弱のバランスがよく、聴いていて飽きないアルバムだった。
リミックスが2曲(はなびの「錦糸町」を入れれば3曲か)もあるのは、
どうかなって感じだけど。


【追記】2006.11.07
http://d.hatena.ne.jp/DaMeRecords/20061107
にあるように、環ROYの2曲目は「未編集のフリースタイル素材」とのこと。
2006.10.23 Monday 00:00 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.06.27 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/678
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中