すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< 曽我部恵一『東京コンサート』 | main | waffles『君の魔法』 >>
DEJI『SENBE-BUTON』

2006年9月23日リリースのソロファーストアルバム。

正直面白いとは思わなかった。
パンチラインがない。
タワレコの紹介文であった「生活観溢れる朴訥な言葉」というのは、
確かにそうなのかもしれないが、魅力的なフレーズは拾えず、
漫然と耳を通り過ぎていく感じだった。
4回ほど繰り返し聴いたら、徐々に耳が慣れてきて少しいいのかもと思えるようになってきた。

後半に収録されているマイクリレーでのDEJIはいいなと思える。
ひとりだけではきつい。
13曲目の「ど寒すぎる話」ではないが、真っ当な道を歩んだ方がいいのではと、
いらぬ心配をしてしまう。

9曲目は太郎のヒューマンビートボックスに、KEN THE 390とふたりでラップする曲だ。
DEJIのヴァースがきついのはもちろんだが、KEN THE 390もきつい。
ビートのみで、ほぼアカペラみたいなものだ。
長くなれば長くなるほど、フロウがダメダメになり、ただの早口に成り下がる。
前にツイギーのアカペラをライブで聴いたが、かっこよかった。
格の違いがまだあるなと感じた。

トラックでは、カトウケイタがサムライトループスで聴かせるきれいなトラックではなく、
比較的タイトなビートを作り上げている。しかし、片手間で作った感じ。
5曲目のY.O.G.の曲はいい。
DEJI本人の曲は駄目。

マイクリレーでは、2曲とも参加したチャカパーンが目立って良かった。
zoeはそつなくうまい。このメンツでは光るようだ。
Q-TIPのような鼻声フロウを聴かせるEGUという人は初めてだったけど、気になった。

まあ、下手ではないし、格別うまいわけでもないけれど、
ギャングスタ系ではない、このレベルの人がもっと増えてくれると層が厚くなって嬉しい。


しかし、歌詞カードに8曲目の名前がないのは酷すぎる。
2曲目のタイトルも「Beat is meet」となっているが、リリックから推し量るに、
「Beat is meat」では?
推敲、校正はしないのかなぁ。


**************************
【カリオストロ】2001年、MCのDEJIとEGU、DJのH!ROKiで結成。
2003 1st mini AL『カリオストロEP』
2005 2nd mini AL『2014EP』

【DEJI】
2005.10.28 【ZOE.DEJI】mini AL『やもめ暮らし伝説』
2006.09.23 1st AL『SENBE-BUTON』
**************************
2006.10.25 Wednesday 00:00 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.06.27 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/681
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中