すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
12 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 韻シスト『FONKY & LOVE』 | main | 佐藤哲也「かぶ」 >>
SMRYTRPS『BEATNIKS』

2006年10月25日リリースの4枚目。

韻シストとは逆にメジャーへ進出。
前作で、おかしなポップ路線に行きかけたが、少し軌道修正して、
雑食ヒップホップになって、好みの音になった。
結構好き。

1曲目から「BEATNIKS」、「Hey boy, Hey girl!」「流星」と
上物の音がうるさいけれど、ビートがかっこいい。
「流星」のメテオの前のヴァース、ZOMかZOE?がいい。
しかし、メテオは"パーティ、パーティ"とうるさいなぁ。

4曲目「memory rain」は音数も少なく、素晴らしい。
最初のヴァースがいい。
メテオとTakatsuki(タカツキ)ははっきりと分かるけれど、Y.O.G.は何となくで、
ゾムとゾエは、違いがまったくわからん。
ライブを一度見た経験から、歌うのはゾムだったよな、確か。

「Fallin' Love」も好きだ。ベースがホントかっこいい。
この曲でもメテオの前のヴァースがツボ。
メテオは曲をこわしてる。

そして、一番気に入っている「Black is beauty.」。
特にねっちこいY.O.G.のラップにはグルーヴがある。

8曲目「open your mind」は変化球としては面白い。
この自由さが、いいと思う。
9曲目はAMIDAによる「元氣祭」。いつもの和なトラックで予定調和。
10曲目は、アメリカ生まれのヒップホップに、沖縄が相も変わらず蹂躙されている。
島唄にあるしなやかさが、強めのビートと組み合わせたことによって、失われているのだ。
「街かどフィルム」もそうだけど、Y.O.G.の作るトラックが結構いいと思った。
13曲目は、ちょっとうざいな。
"生まれ変わっても日本人"って。

飽きさせないバラエティさがあるし、唄が多めなのも気持ちいい。
両手を振っちゃうような、臭いフックがあるのは「BEATNIKS」ぐらいなのもいい。



【追記】2008.05.21
リリース直後の感想が好意的なことに自分が驚いた。ファーストから順を追って聴くと、この4枚目は3枚目からのポップ路線の延長にある作品であり、かなり批判的になってしまったからだ。

上にも書いた"雑食性"を恐れず、型にはまらず、「いい音楽」を作り出していくのがSMRYTRPSの持ち味でもあり強みでもあるとは思う。で、その結果の音がカッコいいと心に響いたかといえば、私には「ノー」であり、昔はもっと・・・と愚痴をたれてしまうのだ。

トラックから書くと、前作はカトウケイタとY.O.G.主導だったが、今作ではのっけから表題曲をSONPUBに、他にもEVISBEATS、Ridimix(HPを見ると湘南之風と仕事をしている人とか)などの外部プロデューサーを呼び、またTakatsukiトラックも数曲加わり、バラエティには富んでいる。成功しているかどうかはおくとして。珍しく客演もいるし(WISEとSpinna B-ILL)。

で、SONPUBはまあとても「らしい」トラックでSMRYTRPSとの相性は悪くないものの、エビスビーツのM9「元氣祭」は安物をつかまされたのか、SMRYTRPSが下手なのか、いずれにせよ微妙。

そんな中で良かったのが、恋を真っ正面で捉えた、何ともメジャー感漂うM5「Fallin' Love」とM11「西へ東へ」、M12「街かどフィルム」。どれもY.O.G.製だ。M5の生音は最高。ZOMのヴァースで差し込まれるギターの音色がたまらない気分にさせられる。軽やかなトラックが告げる別れのつらさをそっと慰めてくれるM11、まるでPerfumeかと今なら思ってしまうようなM12。フックの甘酸っぱいメロディも彼が作っているのだろうか。うまい。

今作では4曲(うち1曲はタカツキとの共作)手掛けたカトウケイタのトラックの中では、M6「Black is beauty.」が出色のできだ。このグルーヴに乗って、まさに歌うようにフロウするY.O.G.ときたらもう最高。まあ、Y.O.G.はこの曲に限らず、M12でもいい味を出しているし、あとZOMが前作に引き続き活躍している。反対にメテオとZOEがしらけているようで、元気のなさが悪目立ちしている。メテオなんて去勢された雄犬のよう。

元の文章と比較するとずいぶん批判的な感想になってしまったが、前作よりは聴きどころがあるし、悪くはない作品だとは思うけどね。如何せんSMRYTRPSには期待するところが高いだけに、ハードルが上がってしまうのだ。
2006.11.01 Wednesday 00:00 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
2017.12.16 Saturday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/700
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2006.11.03 Fri 16:27
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中