すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
05 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 高野秀行「怪魚ウモッカ格闘記」第4回 | main | 鳥山明『Dr.スランプ 完全版』第3巻 >>
TARO SOUL & KEN THE 390『FLYING SOUND TRACK』

2006年10月21日リリースのセカンドアルバム。

最初に聴いたときは、騙されたと思った。
月刊ラップ第3号』収録の「GRAND CLOSING REMIX」レベルの曲がないからだ。
それでも、聴き込んでいくうち、徐々に気に入るようにはなった。

でも、「GRAND CLOSING REMIX」が一番だ。
ダースレイダーのリミックスだけれど、アルバム収録の原曲でもある
マミーDのバージョンより数段かっこいい。
このレベルのパーティソングがもっとあればなぁ。
それか、1000円だったらあまり損した感じはしなかったかも。

タワレコ限定特典という、タイトルは分からない曲は、ちょっとよかった。
月刊ラップ第3号』>「タワレコ限定特典」>『FLYING SOUND TRACK』
って感じ。

他にはダースレイダーがプロデュースした「黄金BREAKS」と、
DJ大自然の「laughin'」、「FLY!」がよかった。
DJ大自然の曲は、トラックがいい。
特に「laughin'」の音が面白いし、「FLY!」の方はオーソドックスだけど、
とてもソウルフルなトラックで、うまい。

KAZZ-Kの曲は普通で期待はずれ。
ジャジーなピアノの旋律がきれいな曲だけど、きれいなだけでイマイチ。

少しモコモコした音が気になるけれど「FUNKY FACE 4 U」も良かったな。

ポチョムキンがやったトラック、「密林DISCO」は面白い。
この曲では良く低音が出ているのに、他のトラックが軽いのが気になった。
そう、最初に聴いたときにイマイチなアルバムだなと思ったのは、
低音の厚みがないからだった。
聴き込むと耳が慣れたせいか、気にならなくなったけれど。

あとは、TARO SOULの歌はうまいと思わない。コブシがないといおうか。
歌い上げるより、ラップの方に才があると思う。
KEN THE 390は相変わらずのスムーズなラップを聴かせてくれた。


*********************
【TARO SOUL】
2006.06.03 1st ALSOUL SPITS
2008.05.28 1st mini AL『BIG SOUL』
2008.12.03 1st SG『Everytime』
2009.02.25 2nd SG『Soul Dreamer』
2009.03.18 2nd ALSOUL SPIRAL

【KEN THE 390】
2004.09.11 【りんご】1st ALりんごのりんご
2006.03.25 1st AL『プロローグ』
2007.06.06 2nd ALMy Life
2007.11.10 3rd ALMore Life
2008.10.08 1st mini AL『FANTASTIC WORLD』
2009.02.11 1st SG『届けたくて・・・ feat. 青山テルマ
2009.08.12 2nd SG『Hey Boy feat. 童子-T
2010.04.07 4th ALNEW ORDER
2010.07.16 2nd mini ALNEXT ORDER』(期間限定無料配信)


【TARO SOUL & KEN THE 390】
2005.02.19 1st AL『JAAAM!!!』
2006.10.21 2nd AL『FLYING SOUND TRACK』
*********************
2006.11.02 Thursday 00:00 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.05.21 Sunday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/713
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中