すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 朝倉かすみ『ほかに誰がいる』 | main | 環ROY『少年モンスター』 >>
キリコ『僕は評価されない音楽家』

2006年11月3日リリースのファーストアルバム。

期待していたMCなので、かなり意気込んで聴いた。
歯ごたえはあった。

トラックが何よりとても良かった。
お金を掛けていないけれど、アイデアで安っぽくなっていないのがいい。
インストになると途端につまらなくなるのが不思議。
9分半ちかくある「術ノジャズ」なんて苦痛でしかないし。

リリックは魅力的な言葉に溢れている。
気に入ったのを書き出してみたけれど、多くなってしまった。
これ以外にもまだまだたくさんある。

・"私は最近のジャズヒップホップに それを取り巻く環境に 中指を立てる"
・"売れるレコードはただトラックが素晴らしければ評価されるジャズヒップホップ"
・"MCに求められるものは 内容でなく フロウでなく 当たり障りのないラップさ"
・"賛否両論も巻き起こせない 軟弱した音楽"
・"18金好きが18禁の音楽を作る まるで音楽じゃなくギルガメッシュ"
・"映像がメインでラップがおまけみたいな グリコのそれに見える音楽"
・"カニエのビートが正確なアシスト / なんて言いながら頭の回転は遅いくせに
  すぐさま45回転でサンプリングを始めた糞プロデューサー"
・"ラッパーのほとんどがマリファナをやっているから 僕も赤い目の仲間入りです"
・"98%のラッパーに興味なし そんな事を思いラップをしていたので98%のリスナー、
  MC、DJに嫌われる"
・"ギネスレコードは1枚目の時は追加までくださったのに
  2枚目は問題があると棚にも並びませんでした
  フリーダムジャズダンスに問題があったのでしょうね"
・"私は伝えたいことがあるから詩を書いてます / 売れたいなら / ただ評価されたいなら
  多くの人間の意見を聞いて回って自分を殺しアベレージになり認められれば良い
  フロウだって何も媚びずラップして行くから"
・"プライドはどこへ? 歪むB BOYイズム
  それを正当化するお前の理論はお前のリリックよりすばらしいよ立派だよ"
・"チャートに首輪を付けられていることに気づかず粋がるMCヒップホップにアウトレット
  は必要ねぇ"
・"ウーフィンはレゲエに魂を売ったが"
・"こう見えても僕は結構控えめな人間なんです意外と無口で
  でも僕のフロウは恥ずかしいぐらい 目立ちたがりやで赤面する僕を尻目に
  繰り返して きざんで 1バースめのフロウじゃ物足りねぇって叫ぶんです"
・"元不良だったなんて反逆児ぶってんじゃねぇぞ
  ヒップホップの中じゃ塾通いの優等生のくせに
  ストリート育ちのヒップホップお坊ちゃま君
  アメリカの教育がしっかり行き届いてますな"
・"フックで客を盛り上げるだけのラップソングとは違うんだ"
・"サンプリングに学び他のジャンルへの扉を開くきっかけが他のジャンルの宣伝と化した"
・"女ラッパーは必ず歌い出す"
・"総体的に高齢化するリスナーのニーズに応えられずリスナーを失いつつあるHIPHOP"
・"生き様もクオリティーの高さも強く求められもはや子供魂では通用しない"
・"リスナーを刺激することを忘れた この音楽にこのままでは確実に未来は無い"


やたらと羅列してしまったが、自分の作り出す音楽の相対化と同時に的確な現状認識もできる
アーティストのようで嬉しくなった。
特に後半の「僕の音楽は」や「愛するが故に私が出来る事」は素晴らしい。

しかしだ。
"伝えたいことがあるから"ラップしているにもかかわらず、
如何せん聴き取りにくい。
奇をてらったフロウをしなくても、内容が内容なだけに、十分個性的なのではと思う。
山びこラップとも名付けてしまいたくなる、何ともけったいなフロウは、
確かに耳に引っかかるけどさ。

それと押韻。
ヒップホップでは重要だろう。
この縛りがあるから、面白くなるのだ。
アルバムの中で唯一良かったのが、
"そんな12インチをレコ屋はリコメンド 何でそれを君達は認めるの?"
ここだけだ。
あとは敢えて言えばポエトリーリーディングでしかない。
ラップは踏まないと。

風化してもいいから、具体名を出してディスするのは良かった。
というよりももっと先輩ラッパーをこき下ろしてもいいのではとも思った。

"フロウを崩してそれでも又崩して崩して崩して"、ひと周りして、
聴きやすくなったフロウに、鋭利なリリックをのせたラップが聴きたい。

でも少し中毒になりかけている自分もいたりするんだよなぁ。


********************
2006.11.03 1st AL『僕は評価されない音楽家』
2008.11.08 2nd ALBLAST
********************
2006.11.06 Monday 00:00 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.08.23 Wednesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/721
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中