すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< スチャダラパー『偶然のアルバム』 | main | 森見登美彦「桜の森の満開の下」 >>
スチャダラパー『fun-key LP』

1998年10月25日リリースの6枚目。

傑作アルバムの一枚。

アルバムタイトルにもあるように、かなりファンキー。
腰にずっしりとくる重さのあるビートが気持ちいい。
前アルバムのトラックの路線から、ファンキーでタイト、
且つ4枚目までのシンコにあった美メロの上物が乗っかった、
すごいトラックに仕上がっている。
これにはやられる。

ボーズとアニのライムも、完全に押韻対応。
基本は単語でのライムだけど、そのフロウが気持ちいいので、あまり気にならない。
僕らもやれば出来るんだぞ、というのが聞こえてくる感じがする。
ただ、スチャダラらしいしなやかさが薄れたのも確か。

「4ch FUNK」「La十八番」「FUN-KEY PERSONALITY」あたりが特に好きだけど、
曲単位ではまると言うよりは、アルバム丸ごとで、この音が好きだ。
6分30秒もあるインスト曲「CARFRESHNER」は、苦手だけど。
2006.11.15 Wednesday 00:00 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.06.22 Thursday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/744
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中