すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< スチャダラパー『fun-key LP』 | main | スチャダラパー『THE 9th SENSE』 >>
スチャダラパー『ドコンパンクトディスク』

2000年5月24日リリースの7枚目。

かなり肩透かしを食らった作品。

"我々は常にもっと前進していかねばならない"という声がサンプリングされる1曲目の
インストからして、違和感を感じる。
スチャダラに「〜せねばならない」とは、とても似合わない言葉のように思う。

2曲目「エムシー」は、前アルバムの路線でかっこいい。悪くない。

このアルバムの売りでもある、ビッグネームの参加が功を奏していない。
3曲目では、ビースティ・ボーイズのキング・アドロックがプロデュースし、
5曲目は、デ・ラ・ソウルのトゥルーゴイが、
7曲目で「エムシー」をジュラッシク5のDJ NU-MARKがリミックスしている。
彼らのヒーローにやってもらっているのだろうが、イマイチ。

「エムシー」「Where ya at?」のリミックス曲が収録されていて、
インスト曲(今回も面白くない)も2曲あり、全10曲しか収録されていないアルバムなので、
ラップ曲が少なく感じて、どこか物足りない作品になっている。

ちなみに「エムシー」はDJ NU-MARKよりシンコのバージョンの方がいい。
「Where ya at?」は、キング・アドロックのもシンコのもどちらも良くない。
2006.11.16 Thursday 00:00 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.10.17 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/745
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中