すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
09 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< 大沢在昌『走らなあかん、夜明けまで』 | main | いくえみ綾『バイ・アンド・バイ』 >>
キリコ@HMV横浜VIVRE

久し振りの横浜へ。
相変わらず大勢の人でごった返す、西口を抜け、HMVへ。
オーディエンスは、20人弱。身内の方が多い印象だった。

定刻通り17時にスタート。
まず、でけぇーっというのが、第一印象。
180あるのか? 腹がやや出かかっているし、髪型は引きこもりって感じだし、
ぱっと見ラッパーには思えない。

「Intro」からスタート。
正直驚いた。普通に聴けるフロウだし、あの高音のパートも自分でやっていた。
目の前でやっているせいか、聴きやすいとさえ思えた。

続けて「お金に繋がらない音楽こそ魅力的」。
ファーストヴァースは、完全にフリースタイル。
"韻に言葉を奪われて、フロウもできなくなって
 ××××××××××××××
 気をつけろよ、言葉はお前らの脳の中を突き刺すよ
 時には正統的(専門的?)に、まるでブルーハーブみたいに
 ××2ちゃんねるで文句言われても降神に似ているって
 でも降神の事なんて全く聴いたことねぇよ
 ぜんぜん聴いてねえから、俺が好きなのはShuren the Fireだけだよ
 よくチェックしておけよ
 ××××××××××××××
 ××××××××××××××"
聞き取れないところも多々あったけれど。
これも良かった。

軽めのトーク。
変態っぽい音って書かれているのをよく見るが、
このトークでそれを感じた。
もちろん内容ではなく、話し方に。

「今日はちょっとキザなモードで、キザなモードで喋っているから、
ホントはホントはホンホンホントはこんなフロウで(←この辺り)
喋りたいんだけど、HMVの普通のお客さんがちょっと引いちゃうとやばいから〜(怪鳥音)
だから今日は落ち着いたフロウで、ちょっとかっこよく
そんなんじゃ雪道は通れんぞってブルーハーブが言ってたけど、
ちょっと渋く、ちょっと渋く、ちょっとハーコーに、
もし、俺は赤い目じゃないかもしんないけど、
赤い目、赤い目、そんな俺は結構ヤバイね、
なんてこんな韻を踏むためにやってて、
フリースタイルバトルに勝つためにやっている俺のフリースタイルは、
そこいらの奴らとはちょっと違うから、」
【中略】
「ブラストがインタビューを取ってくれねぇー
ブラストがインタビューを取れば、あとちょい100枚は販売を増やすことが出来たのにぃー」
【中略】
そして、「freedom jazz dance」へ。
フックの合間に「FUCK D.L」を連呼していた。
やりたい放題だな。
この曲もかっこいい。

間を置かず「僕は評価されない音楽家」。
リリックも聞き取れるし、熱い気持ちは伝わってくる。
ホント悪くない。
気持ち悪いといえば、確かに気持ち悪いけれどさ。

終わった後、「セイホー!」「セーイHMV!」「セーイ後ろの方!」
彼なりのユーモアだ。"後ろ"なんてなく、みんな最前線だったし。

アブストラクト、ストイックについての難癖。
「Shing02好きだよ、ファーストの頃好きだよ」
「ブルーハーブもファーストの頃が好きだよ、めちゃくちゃリスペクト送ってるよぉ」
「若槻千夏のメチャクチャファンだし、字の並びだけで興奮するし」
「ヒップホップは自分だと思っているから」
等々の言葉を吐く。
フリースタイルがどうのというより、演説に近い。

そして「愛するが故に私が出来る事」になだれ込み。
この曲では、言葉の過剰な繰り返し(山びこ)の意味が分かってくる。
何度も何度も叩きつけたいほど、伝えたい事があるのだろう。
ただ奇をてらってのフロウだとは思わなかった。

ここで終了。30分弱のステージだった。
DJの音も素晴らしかった。
あれは誰だったのだろう。
キリコの奇怪なパフォーマンスに苦笑い気味なのも面白かった。


1.Intro
2.お金に繋がらない音楽こそ魅力的
3.freedom jazz dance
4.僕は評価されない音楽家
5.愛するが故に私が出来る事

他のカットも。
2006.11.18 Saturday 00:00 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2020.09.09 Wednesday 00:00 | - | - | -
コメント
ぼくも行きました。
たしかにデカかったですね〜。
かっこよかった。

ライブの後に本人にサンプルCDの引換券を渡したら、「すみません、すみません」と何回も言われました。
すごく腰の低い感じの人でした^^;

メジャーにもアングラにも、自分以外すべてのものに対して中指立てる存在で居続けてほしいですね。
おいしい水 | 2006.11.19 Sun 21:16
おいしい水 様

おおっ、あの場にいたんですね!
もっと込むのかなと思っていたら、あの少なさでちょっと驚きました。
確かにあの人数で、熱いステージを見せるというのは、誠実な人柄ならではですね。
えらいなぁと思いながら見ていました。

> メジャーにもアングラにも、自分以外すべてのものに対して
> 中指立てる存在で居続けてほしいですね。

本当に同感です。
ヒップホップのライブにはあまり行っているわけではないので、
比較は出来ないのですが、キリコのラップは結構うまいなと感じました。
一緒に行った同居人は、あそこで初めて聴いたのですが、
だいたい言ってることは聞き取れたと言ってました。
酷いのになると、本当に日本語でやってるのかと思うようなのもありますからね。

このままのスタイルを維持して欲しいです。
| 2006.11.19 Sun 22:42
コメントする











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中