すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
04 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬 / The Three Burials Of Melquiades Estrada | main | DEV LARGE『KUROFUNE9000』 >>
リンダ リンダ リンダ

85点/100点満点中

2005年の山下敦弘監督映画。

*******************************
文化祭での本番を3日後に控え、軽音部でブルーハーツをコピーすることになった
女子高生4人組の青春学園ストーリー。
*******************************

ブルーハーツは偉大だなってことが分かる映画。
「リンダ リンダ リンダ」、「僕の右手」、「終わらない歌」が作品の中で流れるけれど、
いや最高だ。

"僕の右手を知りませんか? 行方不明になりました
 指名手配のモンタージュ 街中に配るよ
 見た事もないようなマイクロフォンの握り方で
 聞いた事もないような歌い方するよ だから"

誰も考えつかないような歌詞で、しかも分かりやすい言葉。
才能があったんだよなぁ。

"ドブネズミみたいに美しくなりたい 写真には写らない美しさがあるから"

見終わった瞬間は楽曲の良さでもった映画だなと思っていたが、
後からじわじわと来る映画だった。
うんうん、青春ってこんなんだよって。
たいして意味のあることでもないのにムキになったり、人に辛く当たったり。
言葉にするのが難しい、高校時代の一瞬がちょっとくさい映像でうまく表現されている。
悪くない。

人間関係がもう少し丁寧に描かれていると、もっと葛藤やらなにやらのドラマが見られて、
良かったけれど。ギターの女の子と前のバンドとの関係とか。
でもあれぐらいサラリと描く方が、見る側も色々想像できていいのかな。

湯川瀬音が出ていた。
エンドロールで名前が出るまで知らなかったけれど、
体育館のステージでアイルランド(?)の古い歌と「風来坊」を独唱したのが、湯川だった。
やっぱうまいね。ちょっと驚いた。

しかし、音楽を担当したのがジェームズ・イハだけど。
あまり効果的ではなかった。


********************
<山下敦弘監督作品>
1997年 腐る女
1997年 鬼畜大宴会【助監督】
1999年 どんてん生活
2002年 ばかのハコ船
2003年 その男狂棒に突き<OV>
2003年 リアリズムの宿
2003年 最も危険な刑事(デカ)まつり【共同監督】
2004年 不詳の人<OV>
2004年 くりいむレモン
2005年 道<OV>
2005年 リンダ リンダ リンダ
2006年 松ヶ根乱射事件
2007年 ユメ十夜【共同監督】
2007年 天然コケッコー
********************
2006.11.28 Tuesday 00:00 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2019.04.26 Friday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/774
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中