すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
09 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< YOU THE ROCK『The Sound Track '96』 | main | 伊園旬『ブレイクスルー・トライアル』 >>
YOU THE ROCK『THE★GRAFFITIROCK '98』

1998年6月24日リリースのソロセカンドアルバム。

楽しい曲が多い作品。
YOU THE ROCKのなかでも1位、2位を争うほどかっこいい
「HOO! EI! HO! '98」が収録されている。それだけでも十分。
BPM PRESIDENTSのオリジナルは聴いたことないけれど、
この曲でのYOU THE ROCKはホントいい。
リリックは彼自身のではないにもかかわらず、もう自分の歌のようにラップしている。

次の「WILD STAR ILL」のフック、"Chill Chill満ちるChillってぶっ飛ぶ"って何だよ。
ついつい口ずさんでしまう。
これこそパンチラインの見本だ。

スチャダラパーのシンコがトラックメイクした「DUCK ROCK FEVER」もまたいい。
トラックは当然ファンキーでかっこいいけど、それとはまったく噛み合わないフロウ。
もう唯一無二。やみくもにポジティブな感じがいいな。

7曲目「PERSONAL EFFECTS ONLY(DEF MIX)」。
「HOO! EI! HO! '98」についでかっこいい曲。
TSUTCHIEのトラックも冴えてる。
こういうラップができるラッパーって日本ではいないんだよなぁ。

そして、日本のKRS-Oneが語る「OUTA HERE(REAL SHIT PART.1)」。
KRS-Oneのソロファーストアルバム、「Return of the Boom Bap」(1993)の
2曲目「Outta Here」のファーストヴァースを自分に置き換えて訳している。
下はKRS-Oneのリリック。
********************************
Back in the days I knew rap would never die
I used to listen to Awesome-2 on WHBI
I used to hear all kind of rap groups before sampling loops
Rappers wore bell-bottom Lee suits
Me and Kenny couldn't afford that
So we would go to the park when they was jammin' to hear rap
I used to listen till the cops broke it up
I always thought to myself "Damn, why they fucked it up?"
But never the less I was in love with the microphone
And it stayed that way until I left home
On the streets of New York, now I'm free
But with freedom comes big responsibility
I used to walk around driven by the force
I remember how large Super Rhymes was when he fell off
I used to wonder about crews that used to rock
They were large, but none of them could manage to stay on top
Do you ever think about when you outta here?
Record deal and video outta here?
Mercedes Benz and Range Rover outta here?
No doubt BDP is old school, but we ain't goin' out!
********************************

YOU THE ROCK版「OUTA HERE」のラストはこの言葉で終わる。
"お前たちの目の前からどこにも行きはしないぜ! 勉強しろ、みんな!!"

この後の日本語ラップの流れを見ていると、YOU THE ROCKが心配した通りになった。
まあ日本語ラップがどうのという話ではなく、
YOU THE ROCKのでかい声が聞こえてこなくなったのがさびしい。
ECDがでかいレコード会社とは関係ないところで、自由にやっている。
若いラッパーのようにCD-Rでリリースしたりもしている。
YOU THE ROCKは、この頃の曲に込めた熱情を忘れてしまったのかな。
今のどこか内にこもっているラップが多いなかで、
彼のように自分の道を、ラップを信じ切っている、自信に満ちたフロウが聴きたい。

(DISC 1)
1.SKIT 2 MY ROOTS
  produce: YOU THE ROCK
2.HOO! EI! HO! '98
  produce,arrange&programming: TSUTCHIE
  exective produce: ECD&YOU THE ROCK
  guitar: KAZUKI
  drums&bass: ろんじ
3.WILD STAR ILL
  produce: KAN TAKAGI
  guitar overdub: TERUHITO SADOI
4.MAN AND HIS MUSIC
  produce: YOU THE ROCK,KEN&KEI-BOMB
  manipulate: KEN OGATA
5.DUCK ROCK FEVER
  produce: SHINCO
  manipulate: MASAFUMI TEJIMA
  scratch: KING 3 LDK
  screaming: KEN-T,AKANE&JUN
6.SKIT(CHINESE RESTAURANT)
  produce: YOU THE ROCK
7.PERSONAL EFFECTS ONLY(DEF MIX)
  produce,arrange&programming: TSUTCHIE
  exective produce: ECD&YOU THE ROCK
8.OUTA HERE(REAL SHIT PART.1)
  recorded at CLUB ASIA 1997.5.8
9.WALK IN THE RHYTHM
  produce: KAN TAKAGI
  bass overdub: MASAHIKO OKAMOTO
  live scratch: JAKE "E" LEE
10.HOO! EI! HO! '98(CHAMP ROAD REMIX INSTSENTIMENTAL)
  produce,arrange&all instrumentals: CHIKADA HARUO
11.THE★GRAFFITIROCK
  produce: DJ KENSEI,Y.HOSINO&YOU THE ROCK
  manipulate&scratch: DJ KENSEI
12.THEME OF ROCK HARD
  produce: CUZSICK
  arrange: YOU THE ROCK&CUZSICK
  scratch: CUZSICK
  exective produce: ECD&YOU THE ROCK
13.BACK CITY BLUES
  produce: YOU THE ROCK&DJ FUSE
  manipulate: DJ FUSE
14.BOSS THE ROCK'S VOICE(REAL SHIT PART2)
  produce: YOU THE ROCK
  manipulate: TSUTCHIE

(DISC 2)
1.FUTURE FUNK2001 -RETURN OF B.O.H- (DUB'S CLUB REMIX)
  remix: IZUMI "D.M.X" MIYAZAKI
  all instruments: DUB MASTER X
2.GAME THE ROCK
2007.01.19 Friday 00:00 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.09.06 Wednesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/888
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中