すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 弐瓶勉『バイオメガ』第1〜2巻 | main | INHA@渋谷VUENOS >>
柴崎友香『きょうのできごと』

読了。
☆☆☆/5点中

*********************
ある晩、友人の引っ越し祝いに集まった数人の男女。
それぞれの視点から、その前後を描く。
*********************

たいした事件が起きるわけでもなく、とりたてて面白いキャラクターがいるわけでもなく、
どこにでもいる20代のやつらの何気ない日々が描かれる。
これが何かいいのだ。
解説で保坂和志がするどく分析している。
まあ読んでいるときはそんなのに気づかなかったけれど、
プロがいうのだから正しいのだろう。
それに気づかなくてもこの空気感は、まったりしてとても心地よい。

だからこそ、書き下ろしのエピソードが蛇足に思える。
残念。
2007.01.25 Thursday 00:00 | | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2019.08.20 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
なんでもないことの繰り返しが、幸せなのかもしれませんね…。
気まぐれな魔女 | 2007.01.27 Sat 00:36
気まぐれな魔女 様

お久しぶりです。
ホントこの作品は、「なんでもないこと」を文学に落とし込んでいるのが、素晴らしいですね。

繰り返しが続くと、飽きたりするけれど、
なくなると、その幸せにようやく気づくという、なんとも人間は業の深い生き物です。

だから単純な繰り返しではなく、スパイラル状に上がっていきたいものです。
gogonyanta | 2007.01.27 Sat 14:00
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/897
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中