すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 島田雅彦『僕は模造人間』 | main | 松本隆『微熱少年』 >>
TWIGY『AL-KHADIR』

1998年9月9日リリースのソロファーストアルバム。

1971年生まれ。1988年名古屋でDJ HAZUと出会い、BEATKICKSを結成。
1989年にはICE-T、BDP、DE LA SOULの名古屋公演のフロント・アクトを務める。
1992年に上京し、MUROとMICROPHONE PAGERを結成。
1994年にHouse Of Pain、Snoop Doggy Dog、Biz Markie、Nas、
Nautugty By Natureなどのフロント・アクトを務め、
1995年、MICROPHONE PAGERは唯一のオリジナルアルバム『DON’T TURN OFF YOUR LIGHT』をリリース後、解散。
その後、ソロ活動を積極的に始め、東芝EMIより発表されたのが、このアルバムだ。
14曲中インストが4曲、リミックスが2曲になる。

1曲目の「月」から重いキックで始まり、重厚かつリリカルな音がタイトルと合っている。
ラップの入っている曲、「DATEME」「MIRROR BALL」「AL-KHADIR」「KICK IT OUT」「FINAL COUNTDOWN」などはどれも素晴らしい。
特に「みはるかすかなた」「かみひとつ」「煙の拳」は最高だ。

意味が通らないリリックが多いけれども、ツイギーの声は聴いているだけでいい。
耳にこの声は心地よいのだ。
スヌープの声が耳に張り付くのと同じように。
その韻の踏み方や言葉の切り方、どれもが聴覚に馴染む。

「DATEME」はリミックスも収録されていて、それぞれ味わい深いが、
より派手になった「DATEME REMIX」の方が好き。
元のバージョンもシンプルな力強さはあるけれど。

逆に「MIRROR BALL」はリミックスよりも華やかなトラックの元バージョンの方が若干いい。
2007.02.08 Thursday 00:00 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.07.31 Monday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/926
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中