すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
ノアパパスウィーツ / ケーキ(阿佐ヶ谷)

ノアパパスウィーツ。

中杉通りに新しくできたケーキ屋さん。新しくといっても9月ぐらいか。同じケーキ屋さんの「Sugar Rose」から50mほど南阿佐ヶ谷寄り。阿佐ヶ谷の名店のひとつともいえる店の近くに開くなんてなかなか強気だけど、並んでいたので繁盛はしているみたい。

イチゴのショートケーキ(ガトー・オ・フレーズ)を注文。470円。さっぱりした甘さのため、もう少し濃厚でもいいかもしれないけれど、これはこれで美味。ただ隣の名店より勝っているのは味よりも値段なのは確か。あと、ショーウインドウを見て、どれを食べようかなと選ぶときの楽しさはシュガーローゼの方が断然上。接客はノアパパだけど。

ちょっとした記念日には「シュガーローゼ」で、普段の日はここ、という使い分けかな。


***********************
ノアパパスウィーツ
住所:東京都杉並区阿佐ヶ谷南1-35-23 横川ビル102
電話:03-3314-3402
時間:
定休日:
***********************
2008.11.30 Sunday 23:59 | | comments(0) | trackbacks(0)
広島つけ麺 一(はじめ) / ラーメン(阿佐ヶ谷)

広島つけ麺 一(はじめ)。

広島流つけ麺とのこと。入り口ののぼりには、つけだれ・麺ともに冷たく冷えていて、つけだれは酸味の利いた辛さが特徴(辛さの調整もできる)、と書かれている。広島のつけ麺なんて初めて聞いたけれど、有名なのかな。ともかく入店。

麺にはキャベツ、キュウリ、ネギ、チャーシュー、茹で玉子が乗っていて、さながら地味な冷やし中華のよう。それらをごまの大量に入ったつけだれに入れて食す。硬めの麺が微妙だ。慣れていないからだろうか。キャベツのうまみがおいしく感じられたぐらいかな、良かったのは。「並」のサイズを食べたのだけど、腹一杯にならなかった。

この味で続くのかかなり疑問。とりあえず値段を下げないと辛そう。


つけ麺 小(0.5玉) 800円
     並(1玉)  850円
     中(1.5玉) 950円
     大(2玉) 1050円
しめめし        200円


*********************
広島つけ麺 一
住所:東京都杉並区阿佐谷南2-17-3 長谷ビル1F
電話:03-3311-6009
時間:
定休日:
*********************
2008.08.16 Saturday 23:59 | | comments(0) | trackbacks(0)
さいたま屋 / ラーメン(阿佐ヶ谷)

さいたま屋。

ペッパーランチ跡に7月27日オープンしたラーメン屋。最近阿佐ヶ谷はラーメン屋の出店ラッシュだけど、みんな生き残れるのだろうか。まあ、この新店の向かいにあった「三ちゃん」はちょっと前に閉店しているわけで、時流に取り残された古いタイプのラーメン屋は減っていくんだろうね。

さいたま屋は荻窪にもあったから、チェーン店なのかな。看板に「替玉無料」、外壁にはでかでかと「ライス無料サービス」と書かれていたので、いそいそとワンコインを握りしめて入店したら、ライスか替玉かの選択を迫られた。まあ、当然だろうね。たった500円でそこまでのサービスは受けられないよ。

「焦がし醤油ラーメン」を食す。

1口目のスープはスッと喉に入ってきて、ニンニクの香ばしさもあり、おいしく感じる。ただ、それ以降はしょっぱさに喉がやられてしまうのだけど。細麺もまずまずだし、その薄さからハムですかと思ってしまうチャーシューなど乗せられていて、しかもライス付き。500円でこの味ならまずまずだと思う。コストパフォーマンス高っ!

見にくい券売機はどうにかした方がいいと思うけれど。


焦がし醤油ラーメン   500円
つけめん 並盛(200g) 600円
つけめん 大盛(300g) 650円
油そば           600円


*****************
さいたま屋
住所:東京都杉並区阿佐谷南3-31-15
電話:
時間:
定休日:
*****************
2008.08.09 Saturday 23:59 | | comments(0) | trackbacks(0)
一代麺家でんぷしぃ。

一代麺家でんぷしぃ。

ジャック・デンプシーに由来するこのお店、ずっと行きたかったのだけど、何故か行くたびにお休みでいい加減諦めていただけに嬉しい。

醤油ラーメンとチャーハンのセットを食す。

スープはその見た目と違い、意外なほどさっぱりしている。反対に中太の麺はデンプシーロールのごとく、洗練されていない粗野な感じがあって、これはこれで面白い組み合わせだ。チャーシューも柔らかくおいしい。チャーハンもまた、多少油っぽいのは気になるが、味付けがいいのでおいしく食べられた。

セットで800円。最近はこの値段を出しても満腹感を得られないことが多いけれど、お店を出た直後、食ったなぁという気分になった。店主も感じがいいし、また来ようと思う。


醤油らーめん    650円
味噌らーめん    750円
つけ醤油らーめん 750円

らーめんセット
チャーハン・メンマめし・ぶためし +150円
ライス                +50円


*****************
一代麺家でんぷしぃ。
住所:東京都杉並区阿佐ヶ谷北3-43-15
電話:
時間:平  日 18:00〜0:00
    土日祝 11:30〜14:30
          18:00〜23:30
定休日:
*****************
2008.08.03 Sunday 23:59 | | comments(0) | trackbacks(0)
二葉(ふたば) / 荻窪(ラーメン)

二葉(ふたば)。

最近のお気に入り、「らーめん煌や」がお休みだったので、前から気になっていたラーメン屋に足を伸ばす。入ると客席スペースが2坪あるかどうかの小さいお店で若干驚くけれど、雰囲気は悪くない。インテリアも素敵。

ワンタンメンを食す。ニボシの匂いに圧倒される。油断するとすぐに膜が張ってしまう濃厚なスープは結構食べる人を選ぶと思う。食べていると海に来た気分になれること請け合い。コシという言葉が少しも似合わない中太の麺に閉口するも、この麺でないとスープに太刀打ちできないのだろうなと理解する。

大味ではあるものの、作り手のポリシーや熱意は伝わってくるので、好感がもてるラーメンだ。あとは、相性の問題だと思う。


ラーメン   700円
ワンタンメン 800円


***************
二葉(ふたば)
住所:東京都杉並区天沼3-26-14
電話:03-3392-2878
時間:11:30〜22:00
定休日:無
***************
2008.07.17 Thursday 23:59 | | comments(0) | trackbacks(0)
中国家庭料理 天天 / 中華料理(阿佐ヶ谷)

中国家庭料理 天天。

荻窪に移転した「潮州」跡に、6月10日オープンした広東料理のお店。「潮州」は本当においしい料理を提供するお店だったけれど、接客担当の女性の態度がどうも腹立たしく、そのために行かなくなった店なので、移転してくれたのは嬉しい限り。

で、新しいお店の味はというと、悪くはない。ザーサイはこれがおつまみのザーサイですかというぐらいに丁寧に作られているし、お勧めの「エビと五目野菜の塩味の炒め」も美味。ただ、水餃子や炒飯の味が薄い。本場中国の味付けなのかもしれないが、もう少し日本人の舌に合わせてもられると嬉しい。

それと値段も幾分高く感じる。「潮州」と同じ価格帯なのかもしれないが、もう少し低くしてもらえると気易く通える店になるのに。

日曜日の8時過ぎに行き、お客さんがゼロっていうのは少々心配。


****************
中国家庭料理 天天
住所:東京都杉並区成田東5-42-10
電話:03-3393-7810
時間:
定休日:
****************
2008.07.06 Sunday 23:59 | | comments(0) | trackbacks(0)
小浜ラーメン 若狭亭 / ラーメン(阿佐ヶ谷)

小浜ラーメン 若狭亭。

4月8日にようやくオープンしたラーメン屋。ずいぶんと長い間「近日オープン」の張り紙がしてあって、いつ開くのだろうと思っていたものだけど。

ここはかつて「和田」という名前のおいしいうどん屋があったところで、元関取が打っていただけに腰が強く、本当においしいうどんだった。体調を一度崩して、味が少し変わったりもしたのだけど、再び調理場に立ち、また味が復活したと思ったら閉店してしまった。手伝っている息子さんも相撲をやっているのかと思うような肉付きの良さで、そんな人が踏んでこねた麺は最強だった。讃岐うどんといっていたけれど、香川でもあそこまで腰のあるうどんは食べたことはなかった。どこかで新たにお店を出したりしているのだろうか。例え遠くても食べに行くのに。

まあ、そんな思い入れのある跡地にオープンしたお店なのだから、うまいもんを食べさせてくれよという思いが強くなるのは当然だろう。

小浜ラーメンを食す。

小浜ってどこという気分だけど、まあフツーの醤油ラーメン。"海のおダシが云々"と書かれた垂れ幕が店の外にかかっていたが、海の香りはそれほどしない。ノドをつくしょっぱさと、食べた後にくちびるの周りが非常にべとつく油っぽさがある。

麺は縮れてやや太い。750円という値段と満足感とのバランスを考えると、ちょっとコストパフォーマンスが悪いかな。あと、ライスは炊き方にかなり難あり。お金を取って食わせる炊き方ではない。

個性のない普通のラーメン。ここで食べるなら、少し歩いて、「しぶ沫」に行くか、青梅街道を渡った向いにある「RAMEN Cique」に行く。そっちの方が作り手の色が見える。「和田」の味が個性の強い味だっただけに余計にそう感じてしまうのだろう。


青梅街道沿いに、「しぶ沫」から「ラーメン二郎」までの約500メートルぐらいの間で、なんとラーメン屋が6店舗も。「しぶ沫」「和佐家」「RAMEN Cique」「小浜ラーメン」「コタンの笛」「ラーメン二郎」。なんだかすごいことになってきた。


小浜ラーメン   750円
塩ラーメン
辛塩ラーメン
つけめん
ライス        150円
焼鯖寿司定食 1100円

***************
小浜ラーメン 若狭亭
住所:東京都杉並区成田東5-15-24
電話:
時間:11:30〜22:00
定休日:無休
***************
2008.04.23 Wednesday 23:59 | | comments(0) | trackbacks(0)
札幌ラーメン こぐま / ラーメン(藤沢)

札幌ラーメン こぐま。

多分高校以来だと思うけれど、まだ健在だった。駅前なのに寂れた一角にあるラーメン屋。牛乳ラーメンが売りのお店だ。いや、札幌ラーメンとあるのだから、もしかしたら一押しは味噌ラーメンなのかもしれないが、ここではいつも牛乳ラーメンしか食べていない。

当然注文したのは牛乳ラーメン。名前の通り、牛乳が入ったラーメンだ。牛乳の甘さとバターとニンニクの刺激が絶妙な逸品。昔おいしいと感じものが、今食べるとあんまりというのはよくあることだけど、こぐまの味は変わることなくおいしいままだった。良かった。

しかし、ラーメン一杯500円って、安いよなぁ。ゆで卵をエッグスライサーで切って出すという昔ながらのスタイルもまた新鮮だった。あと、餃子も美味。


味噌ラーメン  500円
醤油ラーメン  500円
塩ラーメン    500円
バターラーメン  550円
牛乳ラーメン  580円
餃子       450円


**************
札幌ラーメン こぐま
住所:神奈川県藤沢市藤沢110
電話:0466-23-5420
時間:11:00〜22:00
定休日:水曜日
**************
2008.04.19 Saturday 23:59 | | comments(0) | trackbacks(0)
書斎館 / 喫茶店(青山)

書斎館。

246をMAX MARAの交差点で曲がり、骨董通りをしばらく歩いて、ちょっと路地に入ったところにあるカフェ。万年筆の品揃えがものすごいことになっている文房具屋と併設されている。多分メインは文房具屋の方。

ブレンド(700円)を飲む。延々読書。席数も少ないし、休日の夕方に入ったせいかお客さんも少ないしで、とても静か。心地良し。これで椅子が快適で、照明が明るかったらさらに良し。

まあ、700円を高いととるかどうかだけど、2〜3時間いられるなら安いのかな。味自体はフツー。


*******************
Pen Boutique 書斎館 Aoyama
住所:東京都港区南青山5-13-11 パンセビル1F
電話:03-3400-3377
時間:11:00〜20:00
定休日:無休
*******************
2008.03.22 Saturday 23:59 | | comments(0) | trackbacks(0)
RAMEN Cique / ラーメン(阿佐ヶ谷)

RAMEN Cique。

青梅街道沿いに、2月29日オープンしたばかりのラーメン屋。おしゃれ。とても前の前のお店がインドカレー屋で、前の店が焼き鳥屋だったとは思えない。カウンターのみで7席。

広く取られた待合いスペース。現在はひとりで回しているのでカウンターだけなのかもしれないけれど、ゆくゆくはテーブル席が設けられるのかも。さらに奥にまるでラブホの待合室のような個室がある。天井には一見見映えのするシャンデリアがぶら下がる。

カウンターも清潔で、ここの照明カバーもおしゃれだ。お冷やのコップも手が込んでる。また、調味料には柚胡椒まである。でかい薄型テレビから流れているのは50年代60年代のアメリカのCM広告(音声なし)。このカウンター席は固定でないのがとてもいい。

さて、しおラーメンを食す。あっさりだけど、しっかり作り込んでいるのが分かるスープに主張のある細麺。とてもいい感じ。とりわけうまいわけでもないけれど、ダメダメなわけでもない。店構えのごとくひょうひょうとした感じ。あ、五穀ライスはおいしかった。

なのに、帰ってから強烈に胃がもたれたのは不思議な話。


塩ラーメン   700円
醤油ラーメン 750円
五穀ライス  150円

****************
RAMEN Cique
住所:東京都杉並区阿佐谷南3-10-8
電話:03-6383-3492
時間:11:00〜14:00 17:30〜23:00
定休日:月曜日
****************
2008.03.07 Friday 23:59 | | comments(0) | trackbacks(0)
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中