すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
Thelonious Monk Quartet『Thelonious In Action』

Thelonious Monk Quartet / Thelonious In Action
Label: Riverside
Release: 1958

Personnel:
Johnny Griffin - tenor sax (Tr.8 omit)
Thelonious Monk - piano
Ahmed Abdul-Malik - bass (Tr.8 omit)
Roy Haynes - drums (Tr.8 omit)

Recording Date:
Tr.1-7: 1958.08.07 Live at the Five Spot Cafe, NYC
Tr.8-10: 1958.07.09 Live at the Five Spot Cafe, NYC

Song List:
01. Light Blue
02. Coming On The Hudson
03. Rhythm-A-Ning
04. Epistrophy (theme)
05. Blue Monk
06. Evidence
07. Epistrophy (theme)
Bonus Track
08. Unidentified Solo Piano
09. Blues Five Spot
10. In Walked Bud 〜 Epistrophy (theme)


セロニアス・モンクはビーバップ開祖のひとりではあるのだけど、一般的に評価されるようになったのはブームが一段落した1957年以降で、ジャズ専門レーベル・リバーサイドに移籍し、ジョン・コルトレーンを擁したセロニアス・モンク・クァルテットでファイブ・スポット・カフェに長期出演し人気を博してからだという。本作はその1年後に出演した際のライブ音源。8月7日の演奏を同レーベルからリリースされた『Misterioso』と分割して収録した。

ことあるごとに聴いてはいるが、いまだ彼の魅力を把握できない。異質な才能であることは音を聴けば分かる。が、そこに"奇をてらう"ではなく、"美"を見出すとなるとなかなかに手ごわい。いまだ評価され続けているミュージシャンなわけで、いずれ分かるようになりたいものだ。本作はジョニー・グリフィンのいつも通りの熱いブロウがあることで辛うじてとっつきやすさがある。
2014.05.23 Friday 00:00 | ジャズ | comments(0) | trackbacks(0)
Gigi Gryce & Donald Byrd『Jazz Lab』

Gigi Gryce & Donald Byrd / Jazz Lab
Label: Jubilee
Release: 1958

Personnel:
Donald Byrd - trumpet (Tr.6 omit)
Gigi Gryce - alt sax (Tr.3 omit)
Hank Jones - piano
Paul Chambers - bass
Art Taylor - drums

Recording Date: 1957.08.09

Song List:
01. Blue Lights
02. Onion Head
03. Isn't It Romantic
04. Bat Land
05. Bangoon
06. Imagination
07. Xtacy


ジジ・グライスとドナルド・バードが1957年初めに結成した双頭コンボ"ジャズ・ラブ・クインテット"がその年の夏に録音したアルバム。コロンビアから出した同名タイトルの名盤といわれている方を聴きたかったはずなのだけど、なぜかマイナーレーベル"ジュビリー"からリリースした本作を手に取ってしまったという失敗。でも意外に悪くなかったからラッキーだ。結成直後の2月から3月にかけて録音されたコロンビア盤がどういう雰囲気なのか知らないので比較はできないが、本作はリラックスした演奏がなされていて、気持ちよく聴ける。ポール・チェンバーズが参加していることもあり、ブルーノートの1枚を聴いている気にもなる。
2014.05.22 Thursday 00:00 | ジャズ | comments(0) | trackbacks(0)
Clifford Brown『Clifford Brown With Strings』

Clifford Brown / Clifford Brown With Strings
Label: EmArcy
Release: 1955

Personnel:
Clifford Brown - trumpet
Barry Galbraith - guitar
Richie Powell - piano
George Morrow - bass
Max Roach - drums
Neal Hefti - arranger, conductor

Recording Date:
Tr.1, 3, 10-11: 1955.01.18
Tr.2, 5, 8-9: 1955.01.19
Tr.4, 6-7, 12: 1955.01.20

Song List:
01. Yesterdays
02. Laura
03. What's New
04. Blue Moon
05. Can't Help Lovin' Dat Man / 愛さずにはいられない
06. Embraceable You
07. Willow Weep For Me
08. Memories Of You
09. Smoke Gets In Your Eyes / 煙が目にしみる
10. Portrait Of Jenny / ジェニーの肖像
11. Where Or When / いつかどこかで
12. Stardust


1956年6月26日にわずか26歳でこの世を去ったクリフォード・ブラウンがその約1年半前にニーフ・ヘフティが編曲し、指揮を執るオーケストラと共に吹き込んだバラード集。仲間のマックス・ローチやリッチー・パウエルも参加してるそうだが、流麗なストリングスに立ち向かうのはブラウニーのワンフォーンのみで、オープンで情感を込めて吹こうとしているのはよく分かるが、徹底的に感情過多な弦楽器(ヴァイオリン6、チェロ1、ヴィオラ2)の音の前では分が悪い。アルバム序盤こそたまにはこういうブラウニーもいいなと思えるのに、進むごとに結局原曲の旋律に頼るしかないなど限界が見えてくる。不可能とは分かっていてももう少し人生経験を積んでからの音で聴いてみたかった。
2014.05.16 Friday 00:00 | ジャズ | comments(0) | trackbacks(0)
Chris Dave『Chris Dave and the Drumhedz Mixtape』

Chris Dave / Chris Dave and the Drumhedz Mixtape
Label: GLOW 365
Free Download Release Date: 2013.01.17 [DL先]

Personnel:
Kenneth Whalum - sax, vocals (Tr.1)
Kebbi Williams - tenor sax solo(Tr.1), sax(Tr.5, 15, 17, 19-20, 23)
Saunders Sermons - trombone, vocals, background vocals (Tr.1, 6, 12, 14-15, 18)
James Poyser from The Roots - keyboards, sounds, analog (Tr.3, 18)
Cleo "Pookie" Sample - keyboards, analog, space strings, piano, organ, rhodes (Tr.5, 12, 14, 18-19, 21-22)
Raymond Angry - piano, ghost sounds, keyboards, strings (Tr.6, 12, 16, 18)
Robert Glasper - rhodes (Tr.6, 11, 22)
Tim Stewart - guitar (Tr.5, 9, 16, 23)
Isaiah Sarkey - guitar (Tr.5, 15, 17)
Donnie "Scantz" Scantlebury - guitar, add'l sounds (Tr.10)
Mike Feingold - guitar, FX, echoplex, space strings (Tr.14)
Pino Palladino - guitar, bass (Tr.3-6, 8, 14-17, 20)
Derrick Hodge - space bass, bass (Tr.7, 22)
John "Jon Jon" Webb - bass (Tr.10, 18-19, 23)
Steve "Thundercat" Bruner - bass (Tr.12)
Chris Dave - drums, percussion, organ, chops, add'l sounds, brushes, skins, keyboards
Oli Rockberger - funky tabla, add'l keys (Tr.22)
Jahi Sundance - truntables, sounds, guitar (Tr.2, 13)
DJ Pres - sounds, vibraphone (Tr.9)
Casey "Stutz McGee" Benjamin - vocoder (Tr.1, 5)
Stokley Williams from Mint Condition - vocals, bass (Tr.2, 9)
Sy Smith - vocals (Tr.6)
Yassin Bey (Mos Def) - vocals (Tr.7)
Lindsey Papion - vocals (Tr.12, 18)
Big Ruk - vocals (Tr.12)
Stimulus - vocals (Tr.12)
Lisa Harris - space vocals (Tr.13)
Aaron Camper - vocals (Tr.14)
Wayne "Pz" Perry - vocals (Tr.16)
Liz Vaughn - background lead vocal (Tr.19)
Keisha Jackson - spoken vocals (Tr.19)

Recording Date:

Song List:
01. Drumz & Cream
02. Handz on ur Drum feat. Stokley Williams
03. Didn't Exist
04. Angola Mist
05. Cosmic Slop
06. Slim & Juicy feat. Sy Smith
07. Live In H Town (Yasiin Bey Interlude)
08. That Reggae Shit
09. Flammable - Brief feat. Stokley Williams
10. S.O.E. (Interlude)
11. Problemz
12. Drumz & Sexxxxx
13. Just The Thought (Foundation Interlude)
14. Walk On feat. Aaron Camper
15. Fly Girl
16. The Sex feat. Wayne "Pz" Perry & Stutz McGee
17. Welcome
18. In Her Drum
19. Cosmic Travels feat. Liz Vaughn
20. Off The Cuff
21. Pookie On Mars
22. That Lounge Special
23. Africa... I Freak Her



昨年の春先ぐらいから油井正一の『ジャズ ベスト・レコード・コレクション』というジャズ初心者ガイド本を片手に1920年代に録音されたニューオーリンズ・ジャズに始まり、モダンジャズの名盤を駆け足で渉猟してきた。でも、簡潔にして的を射たその本は1985年に上梓されているため、70年代、80年代を一気に駆け抜けたところ、とりあえず最終ページに行きついてしまった(まあ、日本ジャズ編とボーカル編は残っているが)。

ジャズの長い歴史からいえば85年といったらついこの間のことだが、それでも現代とは約30年の隔たりがある。何か良い指南本があるといいがと思っていたところ、先日「ロバート・グラスパー周辺と新世紀ジャズの世界」と題されたウェブ記事に巡り合えた。ロバート・グラスパーといえば、一昨年のアルバムはSIMI LABのOMSBもその年のトップ15に入れていた作品で、ラッパーやR&B歌手が多く客演したためジャズ界だけに留まらず、洋楽ファンに広く聴かれていた。まあ私自身は未聴なのだけど。

30年という時間を一気に飛び越して現代ジャズを聴き始めることに若干の抵抗を覚えなくもない。とはいえ、最後に聴いた84年録音のManhattan Jazz Quintetのいかにも80年代ドラムらしい厚みのなさや、結局のところ焼き直しでしょとしか思えない演奏を聴いていると、ジャズは70年代で終わったとする意見に与したくなるし、無理に聴き続けるのも疲れるわけで、ここは思いきってワープしてみるのもありなのかもしれないと思っていたのだ。なんといっても同時代に生きる音楽こそが最良であって欲しくもある。

ただ、上の記事で紹介されているバンドをひと通り聴いてみたいが、これはジャズなのだろうかと思えてしまうものも多かった。これがジャズで、あれはジャズではないといった偏狭なものいいは、単純に良い音楽に出会うことを難しくする最悪の固定観念なので決して抱いてはいけないわけだけど、聴けば聴くほどR&Bとの垣根が薄れていくのは否めない。思えば、ブルーノートから昨年リリースされたJose Jamesの『No Beginning No End』はジャズレーベルだからジャズというよりも、D'Angeloのフォロワー然とした音にいつまでも彼の幻影を追い求めるファンとして喜んだわけだった。両者は源流を辿れば、同じ流れに行き着く。そうそう切り離さなくてもいいのだろうが、それでも・・・となってしまうのも事実だ。

ともかく先の記事で気に入ったのは、Kendrick Scott OracleとShai Maestro Trio、Mark Guilianaの3組。共に聴き馴染んだモダンジャズの延長線上にいて理解しやすいからだろう。


自分のジャズの道行きはいいとして、本作の話だ。ジャズ界にもフリーダウンロード・ミックステープの流れが到来したのか、ディアンジェロのライブツアーのメンバーであり、出る出る詐欺がずぅーーーーーーーーーと繰り返されている彼のニューアルバムにも参加しているという"若手最高峰のドラマー"、クリス・デイヴが昨年1月に発表した作品。

くだんのロバート・グラスパーが3曲で弾いている。半分ぐらいの曲でデイヴの右腕として活躍しているピノ・パラディーノや、鍵盤担当レイモンド・アングリー、ギターのアイザイア・シャーキーはデイヴも参加し2012年に行われたディアンジェロのまさかの復活ライブツアーのメンバー。ジェームス・ポイサーはいわずとしれたヒップホップバンド、ザ・ルーツの一員であり、他にラッパーのモス・デフやミント・コンディションのボーカリスト、ストークリー・ウィリアムズらが客演している。

冒頭に「A Love Supreme」を引用されるが、歌曲で残響を切るビートになるとどうしてもネオソウルの趣が生まれるわけで、さらにスクラッチや浮遊感のある音が並び、正統派ジャズとはまた違うものになる。が、音楽としては決してつまらないわけではない。全66分と長さはあるものの、曲自体はどれも5分と長尺ではなく、曲としての完成形を目指すよりも本人たちが面白いと思えるアイディアをそのまま形にしているようで、無料配信作ならではの責任の放棄による自由さと曲想の源泉を垣間見る興味深さがある。

あと、私にとってジャズ的なものとは、ひょっとしたらコーラス部でたたみかける金管にあるのかなと思ったりもした。本作にはサックスプレイヤーやトロンボーン奏者も参加しているが、それほど目立っているわけではなく、やはりドラマー名義の作品らしくビートにこそうま味がある。しかし、トランペットが吹き込まれれば、それでジャズに感じるならまたずいぶんと単純だ。
2014.04.09 Wednesday 00:00 | ジャズ | comments(0) | trackbacks(0)
Charlie Parker『The Immortal Charlie Parker』

Charlie Parker / The Immortal Charlie Parker
邦題:ジ・イモータル・チャーリー・パーカー/チャーリー・パーカー第2集
Label: Savoy
Release: 1991

Personnel:
Miles Davis - trumpet (Tr.1-12, 18-22)
Charlie Parker - alt sax(Tr.4-8, 13-22), tenor sax(Tr.1-3, 9-12)
John Lewis - piano (Tr.1-3, 9-12, 21-22)
Bud Powell - piano (Tr.4-8, 19-20)
Dizzy Gillespie - piano (Tr.18)
Tiny Grimes - guitar, vocal (Tr.13-17)
Nelson Boyd - bass (Tr.1-3, 9-12)
Tommy Potter - bass (Tr.4-8, 19-20)
Curly Russell - bass (Tr.18, 21-22)
Jimmy Butts - bass (Tr.13-17)
Max Roach - drums (Tr.1-12, 18-20)
Harold West - drums (Tr.13-17)
Clyde Hart - piano (Tr.13-17)

Recording Date:
Tr.1-3, 9-12: 1947.08.14 as Miles Davis All-Stars
Tr.4-8, 19-20: 1947.05.08 as Charlie Parker Quintet
Tr.13-17: 1944.09.15 as Tiny Grimes Quintet
Tr.18: 1945.11.26 as Charlie Parker's Reboppers
Tr.21-22: 1948.09.24 as Charlie Parker All-Stars

Song List:
01. Little Willie Leaps - short-take 1
02. Little Willie Leaps - new-take 2
03. Little Willie Leaps - orig.-take 3
04. Donna Lee - new-take 2
05. Donna Lee - new-take 3
06. Chasing The Bird - new-take 1
07. Cheryl - short-take 1
08. Cheryl - orig.-take 2
09. Milestones - new-take 2
10. Half Nelson - new-take 1
11. Sipping At Bells - short-take 3
12. Sipping At Bells - new-take 4
13. Tiny's Tempo - short-take 1
14. Tiny's Tempo - short-take 2
15. Tiny's Tempo - orig.-take 3
16. Red Cross - short-take 1
17. Red Cross - orig.-take 2
18. Now's The Time - original
19. Buzzy - short-take 2
20. Buzzy - new-take 3
21. Marmaduke - short-take 3
22. Marmaduke - new-take 4
2014.04.04 Friday 00:00 | ジャズ | comments(0) | trackbacks(0)
Charlie Parker『The Genius Of Charlie Parker』

Charlie Parker / The Genius Of Charlie Parker
邦題:ザ・ジニアス・オブ・チャーリー・パーカー/チャーリー・パーカー 第四集
Label: Savoy
Release: 1991

Personnel:
Miles Davis - trumpet (Tr.1-7, 9)
Dizzy Gillespie - trumpet (Tr.8, 10-14)
Charlie Parker - alt sax
Jack McVea - tenor sax (Tr.11-14)
Duke Jordan - piano (Tr.1-3)
John Lewis - piano (Tr.4-5, 9)
Bud Powell - piano (Tr.6-7)
Argonne Thornton (Sadik Hakim) - piano (Tr.8, 10)
Dodo Marmarosa - piano (Tr.11-14)
Tommy Potter - bass (Tr.1-3, 6-7)
Curly Russell - bass (Tr.4-5, 8-10)
Tiny "Bam" Brown - bass (Tr.11-14)
Max Roach - drums (Tr.1-10)
Zutty Singleton - drums (Tr.11-14)
Slim Gaillard - vocal(Tr.11-12, 14), guitar(Tr.11-12, 14), piano(Tr.13)

Recording Date:
Tr.1-3: 1947.12.21, Detroit as Charlie Parker Quintet
Tr.4: 1948.09.18 as Charlie Parker All-Stars
Tr.5, 9: 1948.09.24 as Charlie Parker All-Stars
Tr.6-7: 1947.05.08 as Charlie Parker Quintet
Tr.8, 10: 1945.11.26 as Charlie Parker's Reboppers
Tr.11-14: 1945.12.29, Holywood as Slim Gaillard And His Orchestra

Song List:
01. Bird Gets The Worm -original take 3
02. Bluebird -original take 3
03. Klaunstance -original take 1
04. Barbados -original take 4
05. Merry Go Round -original take 2
06. Donna Lee -original take 4
07. Chasing The Bird -original take 3
08. Koko -original master
09. Perhaps -new take 1
10. Warming Up A Riff -original master
11. Slim's Jam -original master
12. Popity Pop -original master 4
13. Dizzy Boogie -original master 5
14. Flat Foot Floogie -original master
2014.04.03 Thursday 00:00 | ジャズ | comments(0) | trackbacks(0)
Manhattan Jazz Quintet『Manhattan Jazz Quintet』

Manhattan Jazz Quintet / Manhattan Jazz Quintet
Label: Paddle Wheel
Release: 1984.10.21

Personnel:
Lew Soloff - trumpet
George Young - tenor sax
David Matthews - piano
Charnett Moffett - bass
Steve Gadd - drums

Recording Date: 1984.07.11

Song List:
01. Summertime
02. Rosario
03. Milestones
04. My Favorite Thing
05. Airegin
06. Summer Waltz
2014.04.01 Tuesday 00:00 | ジャズ | comments(0) | trackbacks(0)
Freddie Hubbard『The Rose Tattoo』

Freddie Hubbard / The Rose Tattoo
邦題:バラの刺青
Label: Baystate
Release: 1984

Personnel:
Freddie Hubbard - trumpet
Ricky Ford - tenor sax (Tr.1, 5, 7 omit)
Kenny Barron - piano
Cecil McBee - bass
Joe Chambers - drums

Recording Date: 1983.12.09-10

Song List:
01. When You Wish Upon A Star / 星に願いを
02. Poor Butterfly
03. My Romance
04. Embraceable You
05. The Rose Tattoo / バラの刺青
06. Time After Time
07. My Foolish Heart
2014.03.31 Monday 00:00 | ジャズ | comments(0) | trackbacks(0)
Miles Davis『We Want Miles』

Miles Davis / We Want Miles
Label: Columbia
Release: 1982.05

Personnel:
Miles Davis - trumpet
Bill Evans - soprano sax
Mike Stern - electric guitar
Marcus Miller - electric bass
Al Foster - drums
Mino Cinelu - percussion

Recording Date:
1981.06.27 Live at Kix, Boston
1981.07.05 Live at Avery Fisher Hall, NY
1981.10.04 Live at 新宿西口広場(現・東京都庁所在地), 東京

Song List:
Disc 1
01. Jean Pierre
02. Back Seat Betty
03. Fast Track
04. Jean Pierre
Disc 2
01. My Man's Gone Now
02. Kix
2014.03.29 Saturday 00:00 | ジャズ | comments(0) | trackbacks(0)
Art Pepper『Live At The Village Vanguard』

Art Pepper / Live At The Village Vanguard
邦題:アート・ペッパー・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード・コレクション
Label: Contemporary
Release: 1991

Personnel:
Art Pepper - alt sax, tenor sax([Disc 3] 3, [Disc 4] 4), clarinet([Disc 3] 2, [Disc 4] 3)
George Cables - piano
George Mraz - bass
Elvin Jones - drums

Recording Date:
[Disc 1] & [Disc 2] 1: 1977.07.28 Live at the Village Vanguard
[Disc 2] 2-4 & [Disc 3] 1-3: 1977.07.29 Live at the Village Vanguard
[Disc 3] 4 & [Disc 4]: 1977.07.30 Live at the Village Vanguard

Song List:
Disc 1
01. But Beautiful (11"43)
02. My Friend John (10"01)
03. Valse Triste (12"23)
04. Over The Rainbow / 虹の彼方に (07"18)
05. The Trip (13"12)
Disc 2
01. Blues For Les (12"01)
02. No Limit (15"06)
03. You Go To My Head (12"12)
04. Cherokee (16"06)
Disc 3
01. Blues For Heard (17"29)
02. Anthropology (15"22)
03. These Foolish Things (09"10)
04. Vanguard Max (12"48)
Disc 4
01. Las Cuevas De Mario (12"05)
02. Goodbye (13"12)
03. More For Les (16"15)
04. Caravan (14"03)
05. Labyrinth (12"31)


アート・ペッパー率いるクァルテットは、1977年7月28日(木)から30日(土)にかけての3日間、ニューヨークの名門ジャズクラブ、ヴィレッジ・ヴァンガードに出演した。そのライブ音源は1979年から1985年にかけて計4作のアルバムとしてリリースされた。
・『Thursday Night At The Village Vanguard』
・『Friday Night At The Village Vanguard』
・『Saturday Night at the Village Vanguard』
・『More For Les - At The Village Vanguard, Vol.4』

1995年に9枚組となる『Complete Village Vanguard Sessions』が発表され、3日間の演奏の模様は完全収録された。最初の4枚(最近再発されたそう)でも完全盤でもなく、私は1991年に発売されたこの4枚組というのを聴くことになった。

9枚組に収録された曲を参考に、この4枚組と、バラの4枚との収録曲との関係を見ていたら、最初のバラの4枚では、付けられた題名の曜日に演奏された曲が収録されていると思っていたら、そうではないようで驚いた。例えば、木曜日版に入っている「Goodbye」はその木曜日にはパフォーマンスされず、金曜日と土曜日にやっている。金曜日版は特にそれが多いようで、中でも「Labyrinth」は3日間で演奏されたのは土曜日のみだ。9枚組とバラの4枚で実際に聴き比べ確認したわけではなく、ネットで得られるデータ上での理解でしかないが。

この4枚組も最初のバラ4枚の全曲にプラスして当時は未発表だった音源を加える形で構成されているわけではなく、同じ曲が収録されていても別の日の演奏だったりと、なかなかに複雑だ。9枚組を聴くのが一番早いのだろう。
2014.03.28 Friday 00:00 | ジャズ | comments(0) | trackbacks(0)
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中